染め上がり後 キシキシ ゴワゴワ

染め上がり後に髪がキシキシ、ゴワゴワになる理由

 

白髪染めをした後に、髪がキシキシする・・・
黒染めをした後に、くしの通りが悪く、きしきしゴワゴワしている・・・

 

それは、カラーリングによって髪が傷んでしまった証拠です。

 

本来髪は水に塗らしたり、シャンプーをしたりするだけでも傷んでいます。
髪の表面のキューティクルが開き、髪の毛の中の成分を水やシャンプーと一緒に流してしまうためです。

 

カラーリングをする際は、さらに髪を傷めてしまうのは想像に難しくないですよね。

 

ヘアカラーによる髪の傷み

 

通常のカラーリングは髪の中まで浸透して、
メラニン色素を分解し、脱色をしながら染料を染み込ませるので、
染め上がりが良い分、髪が傷みやすいです。

 

ヘアマニキュアでの髪の傷み

 

一方、へマニキュアは髪の表面のキューティクルに付着して、
染料を浸透させますが、脱色はせず髪のメラニン色素も分解しません。

 

なので、ヘアカラーより髪は傷みにくいです。
(デメリットとしてしっかりと染まらなかったり、色持ちも悪くなりますが。)

 

ただ、こちらも髪に負担を与えていることには変わらないので、
染めるたびに髪は傷んでいきます。

 

カラーリングは大なり小なり髪を傷めるのは変わらない

 

どちらにせよ、カラーリングによって大なり小なり髪が傷むのは変わりません。