カラーリング 色をしっかりと入れる

カラーリングで色をしっかりと入れるために

ヘアマニキュアで色をしっかりと入れるためには、塗るときにトップ、サイドなどをしっかり塗り、
髪の表面を先に塗ってしまいます

 

そのあと両側の髪をかきあげてカラーリングをするようにします。
中までじっくりと塗ることが大事です。

 

塗ることだいたい20分ぐらいかかるでしょうか。
私はお風呂をわかして体をあらってお風呂にはいってゆっくり20分から30分ぐらいたつのを待ちます。

 

だいたい20分ぐらいと説明書には書いてありますが、
セミロングなので30分ぐらいにしています。
汗がでてきて目にはいりそうになるとお風呂から出るようにしています。

 

色をしっかりいれるためには塗るときも大事、そして待っている時間の長さも大事です。

 

美容室でのカラーリングでは

 

美容室ではカラーリングするときにはこめかみにラップをまいてケープをしてからカラーリングをします。
だいたい2、3人がかりでやはり上のほうから左を塗る人、右を塗る人、後ろを塗る人と分かれて塗ります。
外側が終わったらクシで内側を塗り始めます。

 

細かく地肌が見えるようにして2〜3センチごとに塗ります。
色をしっかりいれるためにしっかりと髪の毛全部ヘアマニキュアをしてチェックしてから髪をタオルで覆い、
お茶を出して雑誌をみせてくれます。

 

セミロングなのでけっこう長い時間がかかります。
だいたい雑誌をすみからすみまで2冊見ると、ちょうどいい感じに染まるぐらいです。
目安は1時間から1時間半ぐらいですかね。

 

途中何度もどのぐらい染まったかチェックしてもらうんですが、
その間にお茶を飲んで本を読んでいると寝てしまう人が結構います。
(私もその一人ですが・・・^^;)

 

ですから美容師さんはお客さんが寝てるかどうかも見ているそうです。
いろいろと気をつかってチェックしながら髪の毛にパーマをかけたりヘアマニキュアをしたりシャンプーをしたり
美容師さんも忙しそうですね。
美容室の場合はしっかりと色がはいるので安心です。