肌に負担の少ないヘアマニキュア

肌に負担の少ないヘアマニキュア

ヘアカラーとヘアマニュキュアの違いを知っていますか?

 

ヘアカラーは2種類の薬品を混ぜて着色するものでしっかり長持ちします。
肌が弱い人は使わない方がよいものです。

 

ヘアマニュキュアは髪を薬品でコーティングして着色するものをいいます。
髪の表面だけに色をつける方法です。
肌が弱い人にも使用できるものです。
白髪を染める時にはヘアマニュキュアを使った方が良いですね。

 

ヘアマニキュアをする際の注意点

 

昔ヘアマニュキュアを使った時にはずいぶんゴワゴワカサカサになったものですが、
今はずいぶん改良されていて
しっとりとしてすべすべの肌に負担の少ないヘアマニュキュアが多くなりました。

 

私が使っているヘアマニュキュアには、
1液と2液をまぜて使用するものとスプレータイプになっていて、
そのままビニールの手袋をして手に取り泡立ったヘアマニュキュアをつけるものがあります。

 

どちらの液体も肌に負担がかかっているなとは思ったことがありません。
もちろんパッチテストは両方ともしました。
皮膚科のお世話になるのはいやなのでしっかりとパッチテストをしましたからね。

 

赤くなったりぶつぶつができたりということはありませんでした。
今はずいぶん改良されていて肌に負担の少ないヘアマニキュアが多いのではないでしょうか。

 

使用していない人からみると、
ジアミンかぶれがありそうだから使用したくないという人が多いのではないでしょうか。

 

または信頼できる美容室ならヘアマニキュアができるけど、
そうでないと心配でという人も多いと思います。

 

セルフカラーの場合にも『パッチテストをしてから、ヘアマニュキュアをしてください』ということが書かれていますので
パッチテストが義務化されているようです。

 

美容室にいってヘアマニキュアをしていてもかゆくなったり、セルフカラーをしていてもかゆくなったりすることがあり
どっきりします
が、その後特に異常もみられずに済んでいます。

 

その時の体質によってあうあわないがありますので、
きょうは調子が悪いとか生理の時はさけたほうがいいとされています。

 

もともとアレルギー体質の人はパッチテストは重要です。

 

買ってきてすぐにでも使いたいものですし、美容室でもすぐにやってくれるところもあるのですが、
ジアミンかぶれをおこしたらあとが大変。

 

皮膚科へ通うことになります。
あう液とあわない液とやはりあるものです。
しっかりと見極めて使いましょう。