セルフカラー きれいな染め上がり

セルフカラーでもきれいな染め上がりに

セルフカラーできれいにそめるにはいろいろな部位ごとに染めることです。

 

分け目から左上、右上、左真ん中、右真ん中、左下から左毛先、右真ん中から右毛先まで塗ります。
上から塗ると中が塗れていませんので分け目から上部分をかきわけて地肌のほうも塗ります

 

このときも左と右にわけて塗るときれいに塗れます
セミロング以上の長い人は毛先までしっかりと塗りましょう。

 

外側だけでなく内側もきれいに塗るようにしないとむらになります
私はセミロングなので耳から下はかなり念入りに塗るようにしています。

 

もちろん白髪染めなので白髪の目立つ上の分け目部分や左や右の髪をかきあげた部分に、
白髪がたくさんあるのをわかっているので、そこも念入りに塗ります

 

全部部位別に塗ってから塗れていない部分をチェックします。
特に生え際は注意です。

 

塗れていると思っていてもけっこう塗れていないもので、
はえぎわだけはもう一度塗るようにしましょう

 

髪をあげた後ろの部分も忘れがちなので注意しましょう。

 

うしろは首筋にそって塗るようにします。

 

外側も内側もしっかり塗れてもう塗り残しがないと思ったら20分と書いてありましたが、
私は30分ぐらいそのままでいます。

 

5分で塗れるというヘアマニキュアもありますので、
説明書をよく読んでそのとおりにしましょう。
かなり一生懸命塗るので失敗したことはないです。

 

きれいに全部塗れているみたいで主人に「きれいになったね」と言われます。

 

細かい主人で1本でも白髪を見つけると「あ、白髪だ。」と目ざとく見つけるんですよね^^;
そうすると「そろそろまた塗らないといけないなぁ」と思います。
塗る前にカットしにいってから塗ることにしています。

 

以前は美容室でカラーカットをしてもらっていましたが、今は1000円カットにしています。

 

うちでドラッグストアにいってヘアマニキュアの白髪用を買いにいくのですが、
もうおなじメーカーのものでおなじ商品そ買うようにしているしているので、
そのまま使用します。

 

ヘアマニキュア後のシャンプーやリンスやついてきたトリートメントもしっかりして仕上げます。
どうしてもごわごわかさかさになってしまうときには、後日トリートメントをしてきれいに保ちます。
セルフカラーでもかなりきれいに染まるのでぜひやってみてくださいね。